スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「世界から猫が消えたなら」 川村元気著


世界から猫が消えたなら世界から猫が消えたなら
(2012/10/25)
川村 元気

商品詳細を見る


なんてタイトルだ!

気になってしょうがないので買ってみました。笑。
内容的には一応、
「死ぬまでにしたいいくつかの事」みたいなお話ですが、
何だか猫好きのツボを押さえられ、ちょっと泣けます。

改めて、人生短いんだから
ちゃんと生きなきゃって思わされるお話です。
いつ何時、このような選択を迫られる日がくるやもしれません。

最後通告が来る前に、自分の人生ちゃんとしてる?って
問いかけるにはいい自己啓発本です。

実りある人生を、すべての人に。












ランキングに参加中!
ポチっと応援お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓















スポンサーサイト

「他人を攻撃せずにはいられない人」 片田珠美著


他人を攻撃せずにはいられない人 (PHP新書)他人を攻撃せずにはいられない人 (PHP新書)
(2013/11/15)
片田珠美

商品詳細を見る



こういう本が書店に並ぶと、
如何に他人に酷い仕打ちをしている人が
多いかということに気付かされる。

問題視される以前に相談者が多いからこそ
このような本が出るのだ。

無意味に人を苛める。
自分の立場を守るために弱い立場の人間を貶める。
巧妙に罪悪感を押し付け、支配こそがその目的。

こんな人間が近くにいたら最悪である。
不穏な空気が流れ、体調を崩し、
物事が快適に進まなくなること請け合い。

かくいう私もそんな現場に居たことがある。
標的にされたのは私だったのですぐに気が付いたが。

対策って対策が書かれていないのが残念な処だけど。
何となくこういう類の輩ってのが直ぐに嗅ぎ分けられると
自分の身を守るすべにはなるんじゃないかと。


人の優しさが仇になるといいますか、
たまにはちゃんと怒らないと自分のやってる事の酷さが
分からない人っているもんだと思います。












ランキングに参加中!
ポチっと応援お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓














テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「凶悪」

凶悪 [DVD]凶悪 [DVD]
(2014/04/02)
山田孝之、ピエール瀧 他

商品詳細を見る



原作本を読んでいたので
スムーズに頭に入って来た感じ。

しかし、映像化されても毒のある感はいなめない。

ピエール瀧さんとリリーさんの演技力が光ってました。
とりつかれたように事件の内容を検証する記者の役の山田くんも
凄く上手い。記者の家庭風景を差し入れることで
この老人殺害の怖さに深みを出してました。


悪役が怖ければ怖いほど事件の怖さが身に沁みます。









ランキングに参加中!
ポチっと応援お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓











テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

「芸術起業論」 村上隆著

芸術起業論芸術起業論
(2006/06)
村上 隆

商品詳細を見る



「芸術で起業出来るのか?」
表紙を見てまずそう思った。
興味をひかれたので読んでみることにした。

対照的な芸術家としてゴッホとピカソが挙げられるが
あのウォーホルの売り込み方なんかが分析してあって面白い。

そもそも、日本の芸術家は
海外の芸術家としての起業を阻まれるきらいがある。
そんな見解も面白い。

芸術を生業にするということはとても難しいことだが
しっかりとしたビジネスの裏打ちがあってこそ起業として成立するのだと
改めて思ったりもする。

村上隆さんの作品は知っていたけども、根底にあるメッセージは
作品を見ただけでは理解できない。
なぜ、あの作品が海外で受けたのかも理解出来なかった。

この本を読むと、少しはその辺りが分かる気がする。












ランキングに参加中!
ポチっと応援お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
















テーマ : デザイン・美術
ジャンル : 本・雑誌

「残虐記」 桐野 夏生著

残虐記残虐記
(2004/02/27)
桐野 夏生

商品詳細を見る


随分前に入手しておきながら、
なかなか手が伸びなかったのは
グロテスクが凄い作品だったから。

この桐野夏生さんの作品は実際にあった事件にインスパイアされて
書かれている作品を選んでいたせいもあるけれど
そもそもが謎に包まれた事件が多い。
人間の悲しさ、醜さが見事に抉られた作品になっている。

グロテスクは「東電OL殺人事件」だったが
この作品は90年代に少女を誘拐し9年もの間自宅に監禁し続けた引きこもり男性の
気持ちの悪い事件を元にしているらしい。

これだけ、次から次へと殺人事件や奇妙な尼崎の連続殺人などの報道が続くと
過去の衝撃的事件も陰を潜めてしまう。

想像力の翼で過去の奇妙な事件の真相を紐解く…そんな作品かもしれない。










ランキングに参加中!
ポチっと応援お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓


















テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

「白ゆき姫殺人事件」 湊かなえ著

白ゆき姫殺人事件白ゆき姫殺人事件
(2012/07/26)
湊 かなえ

商品詳細を見る





映画化になったみたいだし、
気になったので原作を読んでみたくなりました。

実にあるあるな事件って感じでした。
噂の怖さが凄くタイムリーな話題でもあったので
ついつい読み進んでしまいました。笑。

実際に起きても不思議感のない話ではありますが、
小説の最後に付いている雑誌の記事だとかブログの記事なんかも
リアルに作られていて、ちょっと今までにない作りの小説です。

誰かの心の真実はこの中に存在するのか?
実に疑問ですね。










ランキングに参加中!
ポチっと応援お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓








テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

黒猫ルパン

Author:黒猫ルパン
ようこそ!猫の部屋へ。
今まで観た映画や読んだ本、音楽の話などなど、猫と共に快適な暮らしの為のグッズやインテリア等も紹介して行きます。

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
最新コメント
最新トラックバック
★FC2 広告
★ペットファースト・ペピイ
ペットファースト ペットファースト ペットファースト ペットファースト 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
★センプレ・ベルメゾン
センプレ ベルメゾンネット
★リンクシェア
アフィリエイトならリンクシェア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。